ユーザ用ツール

サイト用ツール


食べ物雑学


食べ物雑学

主に食べ物・食材などに関わる雑学を掲載していきます。
料理にまつわる雑学や、飲み物に関わる雑学もこちらでまとめて。



魚介類


野菜


きのこ


パン


フルーツ


スイーツ


ポテトチップスの発明の由来は、
レストランの客のフライドポテト厚過ぎだから作り直せ、と何度も注文されたので、
嫌がらせのつもりで極薄で作って出したら好評で定着したという説が有力


ライスカレーとカレーライスは別物。
ライスカレーはライスにカレーをかけたもの。
カレーライスはライスとカレーを別々で出すもの。


伯方の塩の素となる塩はメキシコ産。
それを再結晶させて商品に。


この世でもっとも辛い物は、食物ではなく、成分だが、レシニフェラトキシン。
その辛さは、160億スコヴィルと非常に高く、純粋なカプサイシンの約1,000倍に達し、ハバネロの32,000 - 160,000倍にも達する。


「食パン」と呼れるようになったのは、画家がデッサンの際、
消しゴム代わりに使う「消しパン」と区別する必要があったため。


ハヤシライスはハッシュドビーフをご飯にかけたもの。
なのでハヤシライスの「ハヤシ」は英語の「ハッシュ」がなまったものに由来。
考案者は丸善の創業者の早矢仕(はやし)さんという方です。


アイスクリームに消費期限はない
(冷凍下では腐らない)


「醍醐」とはもともとチーズの事を指しており、「醍醐味」はチーズの美味しさから生まれた言葉。


バーベキューはよく略称で、”BBQ”といわれているが、
スペルは「barbecue」=BBCなんですね。

なんかノリでQになっちゃったみたいです。


板チョコには必ず溝があり、パキッと割って食べることができるが、
この溝は、綺麗に割れるようにする為にあるのではなく、
製造時にチョコレートを型に入れた際に、
表面積を増やして、早く固まるようにするためにあるもの。


ソーセージとは腸詰め食品全般で、
ウィンナーとはソーセージの一種で、
羊とヤギの腸でできたソーセージの事。


濃口醤油より、薄口醤油の方が塩分が多い。

濃口、薄口の名前で紛らわしいですが、
あくまでこのネーミングは色だけの問題で、
濃口16%、薄口18%程度の塩分だそうです。
色と塩分とは違うようですね。

なお、醤油会社とかでは色の問題での名前ということがわかるように、
淡口(うすくち)と表記しています。


かき氷のシロップはすべて同じ味

元はすべて糖分だけのシロップで、それに香料で、メロン味やイチゴ味、という香りをつけているだけです。
なので、よく味わうと、味の部分は全部同じ、
言ってしまえば砂糖水のような味なのです。


めちゃくちゃ時間をかけて茹でた卵を食べても太らない。
非常に固いゆで卵は、消化が悪い食べ物で、
胃液がこれを分解するのには、とても大きなエネルギーが必要になる。
そのエネルギーは、ゆで卵が持つカロリーより大きいため、太らないと言われている。


ビタミンCは実は酸っぱくない。
ビタミンCを含む食品(例えばレモン)がすっぱいのは、多くがクエン酸を含むためで、クエン酸がすっぱい。


「ごはんですよ」はごはんじゃない。
海苔の佃煮。


食べ物雑学.txt · 最終更新: 2020/10/25 22:47 by moepapa